銀行印について

金融機関(銀行・郵便局)に口座を開設するときに届け出る印鑑のことです。
(銀行届け出印とは銀行印をいいます)
登録する際は、印鑑と本人が確認出来る身分証明書(免許証等)を持参して、手続きします。また、窓口で預金(貯金)の払い戻しや小切手を振り出す際に必要です。

銀行印の用途

●定期や預金の出し入れ
●貯金の出し入れ
●小切手を振り出す際

銀行印として届出できないハンコ

●シヤチハタ印などのインク内蔵型印
●ゴム印など変形しやすいもの
※金融機関によって規定がことなる場合がございます

銀行印の扱い方

金融取引において非常に大切なものであり、紛失しないように保管には十分な注意が必要です。(特に通帳と銀行届出印があれば、本人でなくてもお金を引出すことができるので、印艦と通帳は別々に保管する事をお薦めいたします。盗難などには要注意です。)
また、取引する銀行や郵便局によって届出印が異なる場合、どれが該当する印鑑であるのか、後で分かるようにしておいた方がいいと思います。
※銀行届出印(銀行印)を紛失した場合や別の印鑑に変更する場合には、取引する金融機関で所定の手続きが必要となります。

銀行印専用としてご使用ください

銀行印と実印、そして認印をよく兼用されている方がいらっしゃいますが、この3つの印鑑はそれぞれ用途が異なります。 もちろん用途が違っても、3つとも財産に関わる重要な印鑑です。 ですから、万が一紛失されて一番困るのはご本人様です。
(実印・銀行印・認印が一度に全部なくなるわけですから、大変な事です)
当店では店頭でご注文を受ける場合でも、上記の事をご説明してお客様にご納得いただいた上で、仕事にかからせていただいています。

銀行印の参考サイズ

女性や男性によって銀行印の決まったサイズはございません。

下記は当店で承る傾向です。 あくまでも参考までにどうぞ~

 

印面のサイズ 10.5ミリ丸 12ミリ丸 13.5ミリ丸 15ミリ丸
女性むき
男性むき